営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

毎週水曜日

 
電話番号

052-834-0505

 
 
住所

〒468-0066

名古屋市天白区元八事2-33

リクルート

スタッフブログ

   
2018/03/13  ショールームダイアリー  営業 榊原 廉
雑談?
榊原 廉 / サカキバラ レン
[営業]
 

ブログをね、何かしら更新しなければと思いましてね・・・

 

 

何かブログに出来るような面白いことあったかな、と。

 

 

何もなかったな、と。

 

 

 

 

 

 

 

どうしましょうね・・・笑

 

 

 

 

 

 

私の好きな車の話でもしようかと思ってたんですけど、

職業上、他のメーカーの車の話はいいものかと思いまして。

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

いや、

イタリア車好きなんですよ。

 

 

 

ただ”イタリア車が全て”かと言われれば、

 

そうでもないと思うんです。

 

 

 

 

 

 私の好きになる車の傾向として古い(旧い)車が多いんです。

 

俗に言う”旧車”です。

 

 

旧車だったり、私と同い年くらいの車が好きなんですね。

 

 

 

 

 

 まぁ、ぶっちゃけた話、

最近の車って電化製品みたいだなと思うんです。

 

 

車内をより快適に。

事故を起こさないよう充実した安全装備。

 

 

 

 

 

”世間がそれを求めている”

 

と言ってしまえばそれまでかもしれませんし、

確かにあって損はないものばかりです。

 

 

 

 オプションとして付いてくるものや、

最近では標準装備としているメーカーも増えてきました。

 

 

 

 

”お金で買える安心”

 

 それもいいと思います。

 

 

それでも事故は起きてます。

 

結局のところは、

運転するドライバー次第ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと変な話になってしまいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の車好きは父やマンガの影響が大きいかなと。

 

 

ぶっちゃけた話、

高校生のときは対して興味もなかったです。

 

 

 

まぁ、好きではあったんですが

 

「あ、かっこいいな」

 

くらいでした。

 

 

 

 

 

”GT-Roman”

というマンガはみなさんご存知でしょうか。

 

 

 

 

私の車好きの原点です。

 

 

机においてあったから何気なくパラパラ・・・

まぁ、父の漫画なんですけど。笑 

 

そこからですね。

 

 

 

 

最初に好きになったのは

某国産メーカーの初代オープンカーです。

 

 

 

リトラクタブルのヘッドライトが素敵ですよね。

 

 

 

 

 

イタリア車を好きになったのもそのマンガからです。

 

 

 

やはりそのマンガでも

イタリア車は壊れるという描写が目立つのですが、

 

壊れたら直せばいい

 

ってあっさり言い切るんですよね。

 

 

 

 

 

中には仕事を3つ掛け持ちして

イタリアの名門スポーツカーを現金で買った人がいたり、

 

 

自分の支払い能力を超えたローンを組み

ガレージで車と一緒に寝泊まりする人もいたりと、

 

 

 

車を生活の一部としている人ばかりで

私にとってはあこがれに近い世界なんです。

 

 

 

 

車に興味を持ち始めてからですかね、

普段はあまり父とは話さなかったのですが

 

それを機に話すようになりました。

 

 

 

 

 

 

 私の友人関係も、

車から始まった人が少なくありません。

 

 

 

 

 

当てもなくドライブしたり

 

空が明るくなるまで「あーでもないこーでもない」と、

車について話したり

 

友人伝いに交友関係ができたり

 

車好きでよかったなと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

あんまり長くなるのもアレなんで、

 

今回はこのあたりで失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

次回はちゃんとした内容で書きます。笑

 

 

 

 
2018年03月(33件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部に戻る